【丸亀ぶら・ブラ】「太助さん」は丸亀人ではない!

b0300769_262931.jpg


  広重さんの錦絵からみで丸亀港の昔の灯台「太助灯篭」のことを少し・・・


  この灯篭、丸亀の港に上がった物見遊山の旅人が目指すは金比羅さん。

    

  なら金比羅灯篭で」いいではないか・・・


  何故「太助」さんのか「作った人の名」そう簡単、お金を拠出してくれた。


  しかし、この方丸亀の方でなくば、四国出身でもない。関東、上野国いまの群馬の方なのだそうだ


  江戸に出て炭問屋の商いを成功させ、金比羅詣での途中丸亀港近くで一泊しそのやっかいになった処で


  丸亀港拡張工事の話をききその普請話に賛同し80両のお金を出してくださったそうです。


  港拡張工事には2000両のお金が使われたそうですが、この話を江戸でしたところ


  3000両に及ぶお金が集まり余剰の1000両でこの灯篭を5基こしらえたそうです。


  太助さんが始めにこの話に乗り大口の寄付をしてくださったことによりこの工事が


  スムーズに運んだ。この功績によって命名されたらしい。。。


  当時は5基あったのに今は1基のみ。戦争末期供出されたらしい。


  渋谷のハチ公と同じ運命だったのだ。ハチ公は浜松で溶かされ機関車になったらしいが


  この灯篭は何に化けたのだろうか、


  それにしても1基だけでも残っているのは運があったのか・・


b0300769_262967.jpg



これは近所のさくらんぼ。


雨に洗われいけるだろうと・・・・


口に放り込む。


佐藤錦にはほど遠いですが


まあまあいける。


食べれる、木の下のほうは実はないが上はある。


鳥たちはまだ早いのを知っている。




by honmakaina360 | 2011-05-12 17:41 | 近所の話題

道草、binbo-旅行大好き、いやそれしか出来ません。気がむかば輪行袋にベロチャリほりこんであちらコチラに神出鬼没?! 


by おら・U-タン